ライフサイエンス企業情報プラットフォーム

ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社

革新的な分析技術であるCE-MS技術をコアとし、受託解析/バイオマーカー探索の2つの事業を柱に、メタボロミクスビジネスを展開する研究開発型ベンチャーです。

会社カテゴリー:ラボ用測定・分析、分析、試験受託サービス、その他受託サービス、研究関連資材

主サービス提供地域:日本、中華人民共和国、大韓民国、台湾、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、インド

製品・サービス詳細

掲載日:2022/07/19

掲載日:2022/07/19

ヒト皮膚ガス測定サービス

サービスカテゴリー:分析、臨床

PFS法を用いた非侵襲的サンプリングによる生体ガス解析です。
HMTではAIREX社と提携し、お客様のニーズに合わせたヒト皮膚ガス測定サービスをご提供しています。

皮膚ガスとは

皮膚ガスは、皮膚から放散される揮発性の代謝物質が含まれており、体のにおいとして認知される生体ガスの一種です。
皮膚ガスを測定することにより、体臭、加齢臭等に含まれる種々の成分を明らかにできることから、香料・化粧品開発企業でのスメルケア製品開発・改良等に利用が見込まれます。
また、皮膚ガス成分は、身体的・生理的状態および生活環境等で変化することから、機能性表示食品開発等におけるヒト試験での有効性検証での利用や、メディカルヘルスケア分野における未病・健康状態の指標となるバイオマーカーとしての利用が期待されています。
さらに最近では、皮膚ガス測定によりストレス状態や疲労度もわかることから、メンタルヘルス分野への応用も注目されています。

皮膚ガスの放散経路(概念図)
 

HMTでは、生体ガス分析サービスを提供するAIREX株式会社との提携を通じ、香料・化粧品分野、食品分野、メディカルヘルスケア分野において、ソリューション開発を推進するアカデミア・企業の研究開発を支援し、ヒト皮膚ガス測定サービスの応用分野の拡充を目指してまいります。
皮膚ガスは全く痛みが伴わない非侵襲に生体情報を入手する解析手段として優れていますが、一般に、専用の設備を必要とした研究室におけるサンプル採取などが必要です。
AIREX社における皮膚ガス測定においては、サンプルの採集に、PFS(Passive Flux Sampler)法を用いることを特徴としています。
PFS(Passive Flux Sampler)法は東海大学理学部の関根嘉香教授が開発した皮膚から発生するにおい成分を直接採取する方法で、小型でシーンを選ばずに電源も必要としない皮膚ガス採取方法です。これにより、非侵襲的に簡便且つ定量的に皮膚ガスを捕集し測定することが可能となります。

ヒト皮膚ガス測定の受託サービス

HMTではAIREX社と提携し、お客様のニーズに合わせたヒト皮膚ガス測定サービスをご提供しています。

検査名 項目
一斉定量分析 70物質以上を対象とした分析
(測定対象は定量分析化合物リスト-1参照)
1成分定量分析 定量分析化合物リスト-1から1物質を選択
2成分以上定量分析 定量分析化合物リスト-1から2-10物質を選択
腋臭成分定量分析 定量分析化合物リスト-2参照
疲労臭成分定量分析 定量分析化合物リスト-2参照
加齢臭(酸化臭)成分定量分析 2-ノネナール、ペラルゴン酸、1-デカナール
アンモニア定量分析 アンモニア
メチルアミン定量分析 メチルアミン、エチルアミン、トリメチルアミン
定性解析(上位5成分) NISTデータベースとの照合解析
定性解析(上位10成分) NISTデータベースとの照合解析

本サービスは大学・企業・クリニック等を対象としております。