ライフサイエンス企業情報プラットフォーム

バイオベンチャーアライアンス

会社カテゴリー:学会、協会

主サービス提供地域:日本

製品・サービス詳細

掲載日:2022/06/28

掲載日:2022/06/28

バイオベンチャーアライアンス(BVA)による新たな連携の創出と成果

サービスカテゴリー:

BVAはFace to Faceを中心とした交流の場を提供して新たな連携を生み出すことにより、メンバーが創出した“知”の価値の向上につなげていきます。
またオープンイノベーション創出に向け様々なセミナーや分科会を企画、運営しています。

 


バイオインターフェース企画会議

BVAに潜在している有望なシーズと外部機関(顧客候補)のニーズの出会いの場として、パートナリングイベント・バイオインターフェースを企画、運営しています。これらの取組みにより、BVAメンバーのバイオシーズの社会実装の加速化を図っています。


BVAランチタイムセミナー:概要

コロナ禍によりメンバー間の交流機会が減っている中で、互いを知り、学び合う場にするとともに、事業や研究の最前線で働くBVAのメンバーが講師を務めることにより、一般のセミナー等で知ることができない本音の情報交換を行います。また、忙しいメンバーが少しでも多く参加できるようにランチタイムに開催しています。基本的にはマンスリーで、2022年5月までに17回開催しています。


BVAランチタイムセミナー:開催実績


BVA活動の成果(1):メンバー多様化、ソフト資源の充実等

2014年から8年間でプログラム利用機関数(メンバー数)が16機関から97機関に増加し、メンバーの事業の多様性も拡大しています。その結果、以下の波及効果も生まれてきました。


BVA活動の成果(2):新たな連携創出とグラントの獲得

定例会、勉強会、分科会等の交流や事務局からの配信情報をきっかけに、下表の通り、BVAメンバー間、あるいは外部機関との連携が生まれています。


      新規BVAメンバーを募集中です

生命科学に関わっている以下の皆様に参加を呼び掛けています。
首都圏以外からの参加も大歓迎です。
参加にともなう義務などもございません。

●ベンチャー・中小企業
●大手企業
●これから生命科学産業への参入を目指す企業
●アカデミア、公的研究機関 
●ベンチャービジネスの支援企業(ベンチャーキャピタル等)
●地域の公的支援機関

年会費は30,000円、入会金は5,000円です。
(大手企業の年会費は70,000円)

アカデミア、公的機関の入会金・会費は無料です。

まずはお問い合わせください!
木原記念横浜生命科学振興財団 
押野 oshino@kihara.co.jp
増田   masuda@kihara.co.jp