ライフサイエンス企業情報プラットフォーム

株式会社奈良機械製作所

株式会社奈良機械製作所は、1924年に粉砕機で創業した粉体処理装置メーカーです。 粉砕機、乾燥機、混合・造粒機や微粒子の表面改質技術まで、粉体に関わる技術を幅広くカバーしています。 小型研究機から大型プラント向けの量産機まで、設計・製作しています。粉体処理の実験や受託加工も対応可能です。

会社カテゴリー:製造機械・装置、プラント・設備・エンジニアリング

主サービス提供地域:日本、カナダ、アメリカ合衆国、大韓民国、台湾、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、ヨーロッパ(イギリス以外)、イギリス

<%=SectionAbout%>

ニュースリリース

    <%=SectionNews%>

製品・サービス

2021/08/16

スーパークリーンミル (SCM)

開発、製造、その他

分解・洗浄性に優れたGMP対応ピン型/ブレード型衝撃式粉砕機

 

概要と原理

 

  • 医薬品、cGMPへの対応を徹底的に追及して開発された、分解・洗浄性に優れたピン型/ブレード型衝撃式粉砕機。
  • 奈良式自由粉砕機の長所(処理量が大きい・発熱が少ない・粒度調整が容易)を継承したメンテナンスが容易な粉砕機。

height=350

height=275

 

装置の特徴

 

  1. 接粉部は分解が容易で、完全な洗浄が可能。
  2. 軸封部はエアシール構造で外部からの異物混入を防止、また処理品によるモーターやベアリングの損傷を防止。
  3. 回転部とモーターはカップリングによるダイレクトドライブ構造。(ベルト屑が周囲に飛散する心配がない)
  4. 軸受けは本体から分離し、グリス封入の無給油タイプを採用することにより、オイル混入を防止。

 

 

【応用編】 

  • 原料供給機、ブロア、サイクロン等と組み合わせた、粉砕システムの構築が可能。
  • 不活性ガス等による、閉回路システムの構築が可能。
  • 高薬理活性あるいは無菌対応のため、グローブボックス内での運転を考慮したスーパークリーンミルの姉妹機(エクセレントミル)もあり。

 

仕様 

 

型式 SCM-2 SCM-3 SCM-4
動力 (kW) 2.2 3.7 5.5
最高回転速度 (min-1) 9000 7500 5500
詳細はこちら

2021/08/16

ライストリッツ エクストルーダー (LEX)

開発、製造

2軸スクリューと精密に温度制御したバレルにより、原料の固体分散体を連続的に押し出し・成形するエクストルーダー

 

概要と原理

 

  • 2軸スクリューと精密に温度制御したバレルにより、原料の固体分散体を押し出し、成形。オプションには連続造粒用スクリューとバレルがある。
  • 難水溶性薬物と各種ポリマー・賦形剤との固体分散体を調製することにより、溶出性の改善が可能。他に湿式及び低水分連続造粒等が可能。
  • 徐放性製剤や苦味マスキングなどの応用も可能。

height=250

height=281

height=81

 

装置の特徴

 

  1. スクリューエレメントがモジュラー設計となっており、処方や目的に応じた最適な組み合わせで処理が可能。
  2. バレルもモジュラー設計となっており、各バレルがそれぞれ精密に温度制御可能なため、処方に応じた条件設定が可能。
  3. 原料供給や予備混合、または押し出し品の粉砕・整粒など前後の装置と組み合わせたシステムの提供が可能。
  4. 非常に均一な固体分散体を調製することが可能。
  5. オプションのpart11対応システムで連続運転プロセスが可能。

 

仕様

 

型式

処理量(kg/h)

※処方による

動力 (kW) 用途
ZSE-12 0.1 - 1.0 2.4 小型研究機
Nano-16 0.1 - 2.0 1.5
ZSE-18 0.1 - 3.0 1.5

洗浄性に優れた中型機

c-GMPに対応 

~分解・洗浄容易

ZSE-27 0.25 - 10 2.2 - 3.7
ZSE-40 1.0 - 50 3.7 - 5.5
ZSE-50 2.5 - 100 5.5 - 7.5

 

詳細はこちら

キャンペーン

<%=SectionCampaign%>

セミナー

<%=SectionSeminar%>

ホワイトペーパー

<%=SectionWhite%>