ライフサイエンス企業情報プラットフォーム

ヴァイサラ株式会社

製造業

会社カテゴリー:物流・輸送・倉庫、プロセス測定・検査、ラボ用測定・分析

主サービス提供地域:日本

<%=SectionAbout%>

ニュースリリース

    <%=SectionNews%>

製品・サービス

<%=SectionService%>

キャンペーン

<%=SectionCampaign%>

セミナー

<%=SectionSeminar%>

ホワイトペーパー

2021/06/21

食品および飲料用途で威力を発揮するインラインBrix値計測
ヴァイサラ K-PATENTS® サニタリー屈折率計

ヴァイサラ K-PATENTS サニタリー屈折率計– Brix値および濃度のインライン計測用の最先端ツール

産業計測、気象計測、環境計測の分野で80年以上、屈折率計の技術で40年以上の経験を積み重ねてきたヴァイサラは、加工業界、特に規制の厳しい食品および飲料業界の
ニーズと要件について深い知識を持っています。ヴァイサラK-PATENTS サニタリー屈折率計 PR-43-A は、Brix値および濃度に関する最先端のインライン計測を使用する
ことで、食品や飲料の生産における課題解決を目指して開発されました。サニタリー屈折率計には、次のような技術的特徴とユニークなメリットがあります。

• 内蔵された CORE光学エレメントによるドリフトリスクの排除
•完全にデジタル化された屈折率光学イメージの検出
•色、気泡、粒子、果肉、流れや圧力の変化、振動、または温度の急変の影響を受けない計測
•屈折率(nD)の計測可能範囲 1.3200〜1.5300(この範囲は、Brix値 0〜100 に対応)
•低計測値範囲(Br ix値 0〜30)および低温(4〜30°C)での高い計測精度
••低いプロセス温度と高いプロセス温度への耐性:コンパクトモデルでは-40°C~130°C、プローブモデルでは40°C~150°C

詳細はこちら