ライフサイエンス企業情報プラットフォーム

ヴァイサラ株式会社

製造業

会社カテゴリー:物流・輸送・倉庫、プロセス測定・検査、ラボ用測定・分析

主サービス提供地域:日本

製品・サービス詳細

掲載日:2021/06/21

掲載日:2021/06/21

viewLincモニタリングシステム 温度、相対湿度、ドアスイッチ、差圧、CO2、その他の計測値

サービスカテゴリー:レギュレーション

viewLinc モニタリングシステム
ヴァイサラのviewLinc はライフサイエンスやその他の要件が厳しい業界向けの信頼性が高い環境モニタリングシステムです。 viewLinc システムは製薬、
バイ オテクノロジー、医療機器等の製造や保管など、常時監視が重要な分野において 製品の品質管理を担保 します 。また研究所、医療施設、データ保管等
の用途でも viewLinc システムはデータ の損失を回避するために使用されています。

VaiNet 無線通信 技術
ヴァイサラが開発したVaiNet 無線通信技術は LoRa ™の小電力、長距離無線通信をベースとしたもので、電波到達性が高く回り込み特性に優れ、障害物が多い環境でも極めて堅固なワイヤレス通信を維持できます。
RFL100 ワイヤレスデータロガーと AP10 ワイヤレスアクセスポイントは、この VaiNet 無線通信技術を使ったデバイスで、通信距離は室内で約 100m100m1 920MHz 帯を使用し Wi Fi 、 Bluetoothやその他既存のネットワークと独立して運用されるため、他のネットワーク運用の妨げになりません。

VaiNet デバイス の 優位性
VaiNetデバイス を使用することで 、 viewLinc モニタリングシステム導入において 設置やメンテナンスにかかる時間とコスト を大幅に 削減 できます。 設置に関して、 AP10 アクセスポイントには最大 32 ロガーが接続でき 、 通信距離も長いため イーサネット 配線が 必要な アクセスポイント の 設置 数を 最小減 に抑える ことが できます。 RFL100 ワイヤレスデータロガーは 市販の単 3 アルカリ 乾電池 により約 1.5 年 2駆動が可能で、電源供給 工事 、 AC アダプタ― 等 は 必要ありません。また、着脱式の 高精度の温度 ・湿度プローブ が採用され 、校正の 時間 や コスト の 削減が可能です 。

viewLinc の 拡張性
viewLincモニタリングソフトウェア はバージョン 5.1 以降拡張性が さらに 向上し、 今回発売 するVaiNet ワイヤレス デバイス もその 構成の 一部です 。 また、 オープンプラットフォームコミュニケーションである OPC UA OPC Unified Architecture や アプリ ケーションプログラミングインターフェース
( のオプション機能 も追加され、 ヴァイサラ以外の他社製の Modbus デバイスを 組み込むことも 可能であるため、実質的に viewLinc 5.1 の システム上であらゆる計測項目のモニタリングが可能になります 。
単一のシステムで全ての計測項目のモニタリングが運用管理できるため、モニタリングシステムの構成はさらにシンプルなものと なり、 モニタリングに費やす時間を大幅に低減できるメリットが生まれます。