ライフサイエンス企業情報プラットフォーム

ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社

革新的な分析技術であるCE-MS技術をコアとし、受託解析/バイオマーカー探索の2つの事業を柱に、メタボロミクスビジネスを展開する研究開発型ベンチャーです。

会社カテゴリー:ラボ用測定・分析、分析、試験受託サービス、その他受託サービス、研究関連資材

主サービス提供地域:日本、中華人民共和国、大韓民国、台湾、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、インド

セミナー詳細

掲載日:2022/07/21

開催期間:2022/08/04

掲載日:2022/07/21

開催期間:2022/08/04

HMT WEBセミナー 特別講演 「体臭を情報として活用する-皮膚ガス研究の最前線-」

開発、分析、その他

【参加費無料】2022年 8月 4日開催

東海大学 理学部化学科 教授 関根 嘉香 先生 特別講演
「体臭を情報として活用する-皮膚ガス研究の最前線-」

弊社は、生体ガス分析、室内空気環境分析および空気環境コンサルティングサービスを提供するAIREX株式会社と提携し、ヒト皮膚ガス測定サービスの提供をしております。
皮膚ガス測定サービスでは、”疲労臭”の原因となるアンモニアや、”加齢臭”の原因として知られる2-ノネナール、ジアセチルなど、お客様のニーズに合わせた様々な物質を測定することができます。
今回のウェビナーでは、AIREX株式会社の技術顧問でもある東海大学理学部教授 関根嘉香先生をお招きし、皮膚ガスに関する特別講演をお送りします。

ウェビナー概要

東海大学 理学部化学科 関根 嘉香 先生の講演をお送りします。
「体臭を情報として活用する-皮膚ガス研究の最前線-」

= 要 旨 =
ヒト皮膚から放散する微量な生体ガスは「皮膚ガス」と呼ばれ、体臭の原因となる。一方、近年の分析技術の進歩によって皮膚ガスの実態が明らかとなり、その種類・放散量はヒトの身体的・生理的状態、疾病の有無、生活環境や生活行為に関連することがわかってきた。皮膚ガスは、体表面から連続的かつ自律的に取得できる生体信号であり、ウェアラブル型センシングデバイスとの相性も良い。本講演では、皮膚ガス情報を「ココロとカラダのサイレントボイス」として活用することの有用性を述べる。

講演の最後に質疑応答の時間がございますが、時間の関係上全ての質問にお答えできない場合もございますので、予めご了承ください。

日程・参加費用

日程

2022年 8月 4日(木)14:00~15:00
※終了時刻は質疑応答の関係で多少前後する場合がございます。

使用するツール Zoom
定員 先着順 300 名
参加費用 無料

弊社(HMT)競合他社様からのお申込みはお断りさせていただく場合がございます。予めご理解ご了承くださいますようお願い申し上げます。
参加用URLの他者への共有はお控えください。

当日までの流れ

本ウェビナーはZoomのWebinar機能を使用いたします。
Zoomをお使いになるための準備及び通信環境等のご確認は、事前にお客様ご自身で行ってください。

もし開催当日までに、参加用URLを記載したメールが届かなかった場合は、下記アドレス宛にお問い合わせくださいますようお願いいたします([ @ ]の部分を半角のアットマークに変更してお送りください)。
■HMTセミナー窓口
hmt_seminar [ @ ] humanmetabolome.com

お申込み

下記お申込みフォームより受付しております。

講演者情報

関根 嘉香 先生

【ご所属】

東海大学 理学部化学科 教授

【ご略歴】

1966年東京都出身。慶應義塾大学理工学部卒、慶應義塾大学大学院理工学研究科修了後、日立化成工業株式会社に勤務、2000年より東海大学理学部化学科に在籍し、現在・教授。また、慶應義塾大学大学院、神奈川県立保健福祉大学にて非常勤講師を兼務。一般社団法人室内環境学会・前理事長、日本臨床環境医学会・理事。
これまで、アジアの大気環境、シックハウス症候群の予防・改善、皮膚ガス分析に関する研究に従事。日本テレビ「世界一受けたい授業」などテレビ出演などを通じて、広く「皮膚ガス」を紹介。
主な著書「品質管理の統計学」(オーム社)、「住まいの化学物質」(東京電機大学出版局)など。